六本木天祖神社(龍土神明宮)

六本木天祖神社(龍土神明宮)

来て頂きありがとうございます。
記事が面白かったという方は、こちらをクリックして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【六本木】六本木天祖神社(龍土神明宮)について

六本木にある六本木天祖神社へ参拝に行ってきました。

境内はこじんまりとしていて、あまり大きな神社ではなかったですが、1384年から続く歴史ある神社です。
元々は、今のホテルオークラの近くに鎮座されていたそうですが、江戸城拡張の為の用地となったために、現在の地に遷座されたそうです。

こちらの神社は龍土神明宮と称されることもあるそうですが、
ホームページに記載されている説明をそのまま引用すると、
品川沖から毎夜、竜が御灯明を献じたという故事から「竜灯」と呼び、「竜灯」がなまって、この地を「竜土(りゅうど)」と呼ぶようになり、神社の名前も「龍土神明宮」と称えられました。

とのことです。

境内には、「お稲荷さん(満福稲荷神社)」も祀られていたり、「心願成就の龍灯籠」という願いが叶うという灯籠もあります。
大都会六本木にひっそりと佇む神社ですが、多くのご利益を頂けること間違いないです!

御祭神

・伊邪那伎命(いざなぎのみこと)
・天照大御神(あまてらすおおみかみ)
・伊邪那美命(いざなみのみこと)

境内

鳥居と社殿

鳥居

鳥居の奥の階段

会談を上がって右手に手水舎があるので、お清めを行います
手水舎

社殿(本殿)

社殿に向かって左側には、「心願成就の龍灯籠」もあります。
心願成就の龍灯籠

純真無垢な思いで灯籠内の宝珠に触れながら願いを唱えると、必ず願いが叶うと言われているらいいです。
願いが叶わなかったら、私の思いが雑念だらけだったということですかね。。。

満福稲荷神社

満福稲荷神社の鳥居

満福稲荷神社の祠

こちらは、元々は孫太郎稲荷と呼ばれていたらしいですが、のちに近隣の稲荷社を合祀して満福稲荷神社となったそうです。
ご利益は、商売繁盛事業繁栄技芸上達です。

ほこらの前には、お狐様もいらっしゃいます。
満福稲荷神社のお狐様

満福稲荷神社のお狐様

因みに、満福稲荷神社には七福神の一はしら福禄寿も一緒にお祀りされています。

最後に

満福稲荷神社にお参りをした後は、社殿に向かって左手にある社務所で、御朱印を頂きました。
社務所

それにしても、六本木という地に鎮座されているというだけあって、周りは高層ビル群です。
ビル群

大都会の神社という感じです!!

御朱印

六本木天祖神社の御朱印

こちらの神社の御朱印は、初穂料1,000円と、他の神社と比べてもかなり高いです。
ただし、金粉入りの墨で社名を書いていただけ、とてもありがたい御朱印となっています。

※「港七福神福禄寿」の御朱印も頂くことができます。

因みに、天祖神社の御朱印は、「元旦から成人の日まで」と「毎月の辰の日」のみ頂けます。
また、港七福神福禄寿の御朱印は「元旦から成人の日」までのみ頂けるようです。
http://tensojinja.tokyo-jinjacho.or.jp/gosyuin00.html

ご由緒

ご由緒はコピペですが、載せておきます。

当神社は、南北朝時代の至徳元年(西暦1384年)から続くお社です。品川沖から毎夜、竜が御灯明を献じたという故事から「竜灯」と呼び、「竜灯」がなまって、この地を「竜土(りゅうど)」と呼ぶようになり、神社の名前も「龍土神明宮」と称えられました。

参拝時間

御朱印:午前9時~午後5時

ホームページ

http://tensojinja.tokyo-jinjacho.or.jp/

アクセス

最寄り駅

地下鉄日比谷線「六本木駅」より徒歩5分
地下鉄千代田線「乃木坂駅」より徒歩5分
地下鉄大江戸線「六本木駅」7番出口より徒歩3分

地図

〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7

最後まで読んで頂きありがとうございます!
記事が役に立ったという方は、こちらをクリックして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

おすすめカテゴリの最新記事

PVアクセスランキング にほんブログ村