幻想の都「伏見稲荷大社」を参拝

幻想の都「伏見稲荷大社」を参拝

来て頂きありがとうございます。
記事が面白かったという方は、こちらをクリックして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

京都伏見稲荷大社

京都伏見稲荷大社とは

日本で一番なじみ深い神様と言えば、そう「お稲荷様」です!
皆さんのお住まいの地域にも「お稲荷様」をお祀りされている神社があるのではないでしょうか?

そのお稲荷様をお祀りする稲荷神社は、全国には30,000社あると言われており、
その総本宮が、京都伏見にある伏見稲荷大社です。

1,300年もの歴史があり、とても由緒ある大きな神社です。

日本国内だけではなく、世界にも誇る観光スポットにもなっており、
世界中から多くの観光客が訪れます。

ご祭神とご利益

ご祭神は、
■宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)
■佐田彦大神(さたひこのおおかみ)
■大宮能売大神(おおみやのめのおおかみ)
■田中大神(たなかのおおかみ)
■四大神(しのおおかみ)
の5柱とされています。
※神様を数える場合には「柱」を用います。

が、稲荷神社なので、メインの神様はやはり宇迦之御魂大神と考えていいでしょう。

ご利益は、全国各地にある稲荷神社により微妙に異なっている場合もありますが、
宇迦之御魂大神五穀豊穣の神と言われています。

また、農業の神衣食住の神商売繁盛の神とも言われており、我々日本人の生活に密接に関係のある神様です。

因みに、伏見稲荷大社のホームページでは、以下のように紹介されていました。

古くは朝廷が、雨乞いや止雨と共に五穀豊穣を願われたり、国の安穏を願われるなど公の願い事が多く記録されています
平安時代には良縁を願ったり、秀吉は母親の病気平癒を真剣に願い、おかげを受けています。
時代が下って商売繁昌・産業興隆・家内安全・交通安全・芸能上達の守護神として信仰を集め、今日もなおこれらの信仰は続いています。

それでは、まず鳥居から拝殿までの道のりを紹介します。

鳥居~拝殿まで

最寄りは、JR奈良線「稲荷駅」です。
駅の改札を出ると、伏見稲荷大社の鳥居は目の前です。
伏見稲荷大社の大鳥居
※京阪本線「伏見稲荷駅」からでも、徒歩5分くらいです。

とても大きな朱色の鳥居で、鳥居をくぐるとまっすぐに伸びた参道が続きます。

参道を進んで行くと、手水舎と楼門があります。
で、手水舎でお清めを行い、楼門をくぐると、まず目に入ってくるのが外拝殿です。
伏見稲荷大社の外拝殿

さらに、外拝殿の奥には内拝殿と呼ばれる拝殿があります。

伏見稲荷大社の内拝殿
どこの神社でも同じですが、
通常は本殿まで行けないので、この拝殿と呼ばれる場所でお祈りします。

朱色をメインとした美しい拝殿で、思わず見とれてしまいます。
社殿マニアの私にはたまりません。

それはさておき、
二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)のマナーを守り、心静かにゆっくりとお参りをしましょう!

見どころは「千本鳥居」と「素敵なお狐様」です

伏見稲荷と言えば、やはりいくつもの赤い鳥居が連なった千本鳥居が見どころです。
日本国内どこを探しても、これだけ多くの鳥居が連なった場所は少なく、
とても幻想的で、厳かな雰囲気を醸し出しています。

また、至る所にいらっしゃるお狐様を探して歩いて回るのも、面白いです。

一部ですが、「千本鳥居」と「お狐様」の写真もアップしておきます。

千本鳥居

千本鳥居はこちらから始まります。
伏見稲荷大社の千本鳥居
拝殿での参拝を終えて、道なりに参道を1、2分進んで行くと、奥宮があり、そのすぐ隣に位置しています。
他の参拝客と同じ方向に進んで行けば、写真を撮るための人で混雑している場所があるので、直ぐに分かると思います。
※私は朝早くに参拝しているので、写真には人混みは写っていません。

千本鳥居の中を進んで行くと、途中で二股に分かれている場所があり、
こちらも写真スポットになっています。
伏見稲荷大社の千本鳥居

中はこのような感じになっています。
伏見稲荷大社の千本鳥居

夜の千本鳥居も雰囲気がっていいです。
伏見稲荷大社の千本鳥居
伏見稲荷大社は夜間参拝もOKです。
京都旅行の際には、昼間だけではなく、夜の参拝もおすすめです。

このような感じで、稲荷山の上まで多くの鳥居が並んでいます。

素敵なお狐様

伏見稲荷大社には、非常に多くのお狐様がいらっしゃいます。
全てを紹介するのは無理なので、有名なお狐様だけ写真をアップしておきます。

まずは、入り口にある大鳥居の直ぐ側にいらっしゃるお狐様です。
【伏見稲荷大社】大鳥居前のお狐様
今にもダイブしそうな態勢ですね。

こちらは、楼門前にいらっしゃるお狐様です。
【伏見稲荷大社】楼門前のお狐様(右側)

【伏見稲荷大社】楼門前のお狐様(左側)

内拝殿の前にもお狐様がいらっしゃいます。
【伏見稲荷大社】内拝殿前のお狐様
とても凛々しいお顔をされています。

【伏見稲荷大社】内拝殿前のお狐様
内拝殿に向かって左側にいらっしゃるお狐様は、金の「稲穂」を加えています。

お稲荷様と言えば、「農耕の神様」でもあります。
その使いであるお狐様が稲穂を加えている姿は、稲荷神社の象徴と言えるかもしれないですね。

因みに、「巻物」や「」を加えているお狐様も多いです。
その辺もじっくりと観察しながら回ってみると面白いです。

」を加えているお狐様です。
【伏見稲荷大社】お狐様

最後に、リングを作られているお狐様の紹介です。
【伏見稲荷大社】お狐様 幸せのリング
こちらは、千本鳥居の開始地点の側にいらっしゃるので、探してみて下さい。
幸せになれるかもしれないですね!

お山めぐりと奥社奉拝所

伏見稲荷の神髄は「お山めぐり」にあり

伏見稲荷の神髄は「お山めぐり」にあります。

お山めぐり」とは、
ご神体とする稲荷山に設けられた約4キロ程のコースを巡る山登り・山下りで、
所要時間は、おおよそ2時間くらいです。

ちょっとした登山になるので、挑戦される方は軽装は避けて下さい。
といっても、ガチガチの登山装備で挑む必要もなく、長ズボンで、念の為に水も持っておくといいです。
夏場は、帽子も忘れずに!

で、必ず拝殿でお参りを済ませ、千本鳥居を超えて、
まずは奥社奉拝所へ移動します。

奥社奉拝所

【伏見稲荷大社】奥社奉拝所

奥社奉拝所の裏手です。
【伏見稲荷大社】奥社奉拝所の裏手

私の場合、「お山めぐり」の出発地点は、奥社奉拝所からとしています。
奥社奉拝所で参拝を済ませ、余裕があれば奥社奉拝所の御朱印も頂き、
それから出発です。
【伏見稲荷大社】お山めぐり開始

お山めぐり」の途中には、パワースポットと言われている場所も多数あります。
その中でも、おすすめのスポットをいくつか紹介していきます。

おすすめのパワースポット

熊鷹社(くまたかしゃ)

谺ケ池(こだまがいけ)に接して建てられており、社殿が池の中に突き出るようにご鎮座されています。

ご祭神は熊鷹大神で、熊鷹社のある一帯だけ雰囲気が少し変わるのが分かります。
本殿から20分程進んだ場所にあり、「お山めぐり」をされるのであれば、
気づかずに通り過ぎることはないと思います。

こちらは、谺ケ池に突き出た社殿の写真です。
【伏見稲荷大社】熊鷹社

拝殿です。
【伏見稲荷大社】熊鷹社

お参りをする際には、拝殿の向かいにあるお店でロウソクを買ってお供えします。
せっかくなので、私もロウソクをお供えしました。
【伏見稲荷大社】熊鷹社のろうそく

末広社

お山(稲荷山)の頂上に位置するのが一ノ峰(上社神蹟)であり、
末広大神をお祀りする末広社があります。

商売繁盛のご利益を頂けるとのことです。

【伏見稲荷大社】末広社

御劔社(みつるぎしゃ) 別名:長者社(ちょうじゃしゃ)

御劔社は長者社とも呼ばれ、加茂玉依姫(かもたまよりひめ)をご祭神としてお祀りされています。

【伏見稲荷大社】御劔社(長者社)

【伏見稲荷大社】御劔社

御劔社の敷地内には「焼刃の水(やいばのみず)と呼ばれる湧水の井戸」や「劔石(雷石)」と呼ばれる巨大な岩もあり、共にパワースポットとして崇められています。

焼刃の水です。
【伏見稲荷大社】御劔社の「焼刃の水」

劔石(雷石)です。
【伏見稲荷大社】御劔社の劔石(雷石)」

薬力社(やくりきしゃ)

薬力大神をお祀りされており、名前の通り、無病息災や健康長寿などにご利益があると言われています。
【伏見稲荷大社】薬力社

薬力社の側には、薬力の滝と呼ばれる滝があります。
【伏見稲荷大社】薬力の滝
こちらの滝は修行の場になっているらしく、実際に滝行も行えるそうです。

写真の通り、それほど大きな滝ではないので修行になるのかは置いておいて、
興味のある方は、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

薬力社の直ぐ側にはお茶屋さんもあります。
【伏見稲荷大社】薬力社近くの茶屋

こちらでは、健康たまごを頂くことが出来ます。
【伏見稲荷大社】薬力社の健康たまご
1個80円です。
私も、健康を祈って1個頂きましたが、美味しい普通のゆで卵でした。

眼力社(がんりきしゃ)

眼力大神石宮大神をお祀りされており、目の病気にご利益があると言われています。

また、先見の明を見抜く力眼力を頂く事も出来ると言われています。
会社経営者であったり、人を採用するような立場の方におすすめのスポットです。

【伏見稲荷大社】眼力社

眼力社の隣には、とても特徴的なお狐さまもいらっしゃいます。
【伏見稲荷大社】眼力社のお狐様

アップでもう一枚!
【伏見稲荷大社】眼力社のお狐様

皆さん、ここでも足を止めて写真を撮られており、おすすめの写真スポットです!

白瀧社

白瀧大神をお祀りする白瀧社です。

白瀧社へは、こちらの長い階段を下っていきます。
【伏見稲荷大社】白瀧社へ
写真に写っているのは一部なので分かりにくいですが、長く続く階段を4、5分程下らないと到着しません。

で、白瀧社に到着です!
【伏見稲荷大社】白瀧社

かなり体力を消耗するので注意してください。
※戻り道は、逆に上り階段になるので、さらに体力を消耗します。

敷地内には、白瀧という滝もあります。
【伏見稲荷大社】白瀧

おもかる石

おもかる石は奥社奉拝所の裏手にあります。
【伏見稲荷大社】おもかる石

まず、灯篭の前でお祈りをします。
次に、灯篭の上の石を持ち上げ、予想よりも軽ければ願いが叶う、と言われています。

根上りの松

根上りの松は、奥社奉拝所から歩いてすぐの場所にあります。
【伏見稲荷大社】根上りの松

根っこが地上に盛り上がっていることから根上りの松と呼ばれていますが、
残念ながら、松の木自体は枯れてしまっています。

ただ、今でも協力なパワースポットとして信じられており、
値が上がる」ということから株価が上がると言われていて、特に証券会社の方からの信仰が篤いと言われています。

また、「膝松さん」とも呼ばれていて、「根元をくぐったり」「木の肌を撫でた後、体の痛いところを撫でる」と、腰や膝の痛みが取れるとも言われています。

伏見神宝神社(ふしみかんだからじんじゃ)

伏見神宝神社への入り口は、「根上りの松」への入り口の反対側にあり、
少し急な山道を数分程進んだところにあります。

伏見稲荷大社とは別団体の神社ですが、こちらもおすすめのスポットです。

【伏見稲荷大社】伏見神宝神社

【伏見稲荷大社】伏見神宝神社の拝殿

ご祭神は、天照大御神と稲荷大神で、十種神宝(とくさかんだから)をお祀りされています。
また、竹取物語とも縁のある場所とのことです。

東丸神社(あずままろじんじゃ)

東丸神社は、学業成就受験合格のご利益を頂ける神社で、
ご祭神は、荷田東丸命(かだのあずままろのみこと)です。

京都では、学業成就の神様としてとても有名な神社です。

東丸神社

こちらが拝殿です。
【伏見稲荷大社】東丸神社の拝殿

境内には大量の千羽鶴と絵馬も奉納されていて、とても目を引きます。
【伏見稲荷大社】東丸神社の千羽鶴

因みに、こちらも伏見稲荷神社とは独立した神社になります。

荒木神社(あらきじんじゃ)

ご祭神は口入稲荷大神(くちいれいなりおおかみ)で、縁結びのご利益を頂けます。
恋愛はもちろんのこと、就職など様々な良縁を求めて多くの方が参拝されます。

【伏見稲荷大社】荒木神社の入り口

拝殿はこちらです。
【伏見稲荷大社】荒木神社の拝殿

こちらの神社では、授与品として「えん結び口入人形」というキツネの人形が有名です。
この人形は家に持ち帰り、願い事が成就すれば、このようにお返しするようです。
【伏見稲荷大社】荒木神社のお狐様

初穂料は覚えていませんが、そこそこいい値段だったと思います。
なので、本気で良縁を求めいる方が本気出して祈願されるのにおすすめします。

腰神不動神社(こしがみふどうじんじゃ)

名前の通り、足腰の健康を願ってお参りされる神社で、
腰神不動明王という不動明王をお祀りされているそうです。

神社なのに不動明王をお祀りされているのは珍しいですね。

腰神不動神社へはこちらからお参りします。
【伏見稲荷大社】腰神不動神社の入り口

中はこのような感じです。
【伏見稲荷大社】腰神不動神社

【伏見稲荷大社】腰神不動神社

末廣神社(すえひろじんじゃ)

狛犬ならぬ狛蛙(こまがえる)がいらっしゃるのが末廣神社です。
こちらは大日本大道教と呼ばれる団体で、伏見稲荷大社とは別団体になります。

【伏見稲荷大社】末廣神社の入り口の鳥居
紅葉の時期は奥に見える紅葉がとても綺麗で、
写真を撮るための人だかりができていることもよくあります。

手水舎にも蛙がいます。
【伏見稲荷大社】末廣神社の手水舎

こちらが狛蛙です。
【伏見稲荷大社】末廣神社の狛蛙
こちらの賽銭箱にお賽銭を入れてお参りします。

さらに奥に進むと、また別の鳥居が見えてきました。
【伏見稲荷大社】末廣神社

奥の階段を上っていくと、祠と大きなお狐様がお祀りされていました。

【伏見稲荷大社】末廣神社

産婆稲荷(さんばいなり)

【伏見稲荷大社】産婆稲荷の入り口

【伏見稲荷大社】産婆稲荷

産場大明神(さんばだいみょうじん)をお祀りしており、名前の通り「安産」「子授け」のご利益を頂くことができます。

三つ辻から下ってきた場所にあり、ほとんどの方が素通りされているので、見逃さないように注意して下さい。

八霊社(はちれいのやしろ)

【伏見稲荷大社】八霊社の鳥居

【伏見稲荷大社】八霊社

こちらも三つ辻から下ってきた場所にあり、伏見稲荷大社とは別団体になるようです。
※産婆稲荷の近くです。

主祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのみこと)で、宇迦之御魂神を守るように十二支の像が八角形の台座の上に配置されています。
時間のある方は、ぜひ自分の干支を探してみて下さい。

他にも、境内には多くの末社、摂社があります。

末社、摂社

奥宮

【伏見稲荷大社】奥宮

奥宮は重要文化財にも指定されている建物で、
写真のように3つの参拝場所が存在していて、三社殿とも呼ばれています。

玉山稲荷社(たまやまいなりしゃ)

【伏見稲荷大社】玉山稲荷社
玉山稲荷大神をご祭神としてお祀りしている神社で、
元々は別の場所に伏見稲荷大社から御霊を分霊されて鎮座されていたのを、様々な理由で伏見稲荷大社に戻されたそうです。

その際、玉山という場所にも鎮座されていたことがあり、それに由来して玉山稲荷社と呼ばれているようです。

白狐社(びゃっこしゃ)

【伏見稲荷大社】白狐社

命婦専女神(みょうぶとうめのかみ)をお祀りしている神社で、お狐様をお祀りしている唯一の神社です。
命婦(みょうぶ)とは稲荷のお狐様専女(とうめ)とは年老いた狐のことを指すようです。

因みに、こちらの社殿も重要文化財に指定されています。

大八嶋社(おおやしましゃ)

【伏見稲荷大社】大八嶋社

大八嶋大神をお祀りされており、大八嶋社は写真のように社殿のない神社になります。
場所も分かりにくいので、お参りする際には注意して下さい。

大八嶋とは、本州、九州、四国、淡路島、隠岐島、壱岐島、対馬、佐渡島の8つの島の総称で、伊邪那岐(いざなぎ)と伊邪那美(いざなみ)により創られたと言われています。

田中神社(たなかじんじゃ)

【伏見稲荷大社】田中神社の鳥居

【伏見稲荷大社】田中神社の拝殿

田中神社は摂社に当たり、田中明神をお祀りしています。
境内摂社になり、伏見稲荷大社の境内から少し離れた場所に鎮座されています。
※大社の境内から徒歩15分くらいです。

夜の伏見稲荷大社

伏見稲荷大社は24時間参拝が可能です。
昼間と違った雰囲気があり、夜の参拝もおすすめです。

入り口の大鳥居です。
【夜の伏見稲荷大社】入り口の大鳥居

大鳥居前にいらっしゃるお狐様です。
【夜の伏見稲荷大社】お狐様

この角度からの眺めも最高です。
【夜の伏見稲荷大社】2つ目の大鳥居と楼門

内拝殿の前も多くの人です。
【夜の伏見稲荷大社】内拝殿

本殿横の眺め素晴らしいです。
【夜の伏見稲荷大社】本殿横

少しくらいですが、千本鳥居の中も歩くことができます。
【夜の伏見稲荷大社】千本鳥居
写真には人が写っていないですが、結構多くの人が歩いています。

四ツ辻(よつつじ)

四ツ辻は多くの人で混んでいます。
【伏見稲荷大社】四ツ辻

お店もいくつかあり、こちらでご飯を頂くこともできます。
おすすめは「仁志むら亭」の「にしんそば」です。

仁志むら亭

【伏見稲荷大社】仁志むら亭の「にしんそば」

奥村亭

こちらは「奥村亭」です。
【伏見稲荷大社】奥村亭

お店の中もとても雰囲気があります。
【伏見稲荷大社】奥村亭

こちらで頂いた抹茶最中もとても美味しかったです。
【伏見稲荷大社】奥村亭の抹茶最中

御朱印

【伏見稲荷大社】御朱印

【伏見稲荷大社】御朱印

基本情報

住所:京都府京都市伏見区深草藪之内町68
アクセス:JR奈良線「稲荷駅」、京阪本線「伏見稲荷駅」
拝観料:無料
駐車場:無料
おみくじ、お守り授与所:7時~18時
拝観時間:24時間可
所要時間:2~3時間 ※「お山めぐり」をしなければ、1時間くらいです

最後まで読んで頂きありがとうございます!
記事が役に立ったという方は、こちらをクリックして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

仕事運・出世運アップカテゴリの最新記事

PVアクセスランキング にほんブログ村