【品川区】稼穡稲荷神社

【品川区】稼穡稲荷神社

【品川区】稼穡稲荷神社(かしょくいなりじんじゃ)について

品川区にある稼穡稲荷神社の紹介です。

別名「荏川稲荷」とも呼ばれており、ご祭神は五穀豊穣商売繁盛の神と言われている「宇迦能比売命(うかのひめのみこと)」です

神社の創建年は不明ですが、神社が鎮座されている場所は、元々は薩摩藩の屋敷があった場所です。
その薩摩藩から六行会(りっこうかい)という団体が土地を譲り受け、その後、伏見稲荷大社よりお稲荷さんの御霊を勧請されたようです。

小さな神社ですが、
境内には品川区の天然記念物にも指定されている大きなイチョウの木もあります。
樹齢500~600年、高さ23m、周囲4.1mの立派なイチョウの木で、そちらも見所の一つです。

因みに、近くには東京10社にも数えられる品川神社荏原神社(えばらじんじゃ)も鎮座されています。
せっかくなので、そちらの神社へもお参りされると、より多くのご利益を頂けるかもしれないですね!

ご祭神

・宇迦能比売命(うかのひめのみこと)

ご利益

・五穀豊穣
・商売繁盛
・農業
・衣食住

境内

参拝はこちらからです。
稼穡稲荷神社の赤鳥居

といっても小さな神社なので、鳥居をくぐれば本殿は直ぐです。
稼穡稲荷神社

御朱印

なし

ご由緒

稼穡稲荷神社の由緒

参拝時間

参拝:24時間可能

ホームページ

なし

アクセス

最寄り駅

・京浜急行本線「新馬場駅」北口より徒歩数分

地図

〒140-0001 東京都品川区北品川2-32-3

おすすめカテゴリの最新記事